新生堂の業者評判を換金率・口コミから完全検証

私が現金化の優良業者である新生堂を利用した時の体験談をお話します。実際の換金率・手数料・口コミ評判・換金プランから手続き方法まで真実の情報を赤裸々に暴露、検証致しますので、新生堂に興味のある方は是非こちらをご覧下さい。

クレジットカード現金化で利用停止を防ぐ4つのポイント | 安全に資金調達する対処法

クレジットカード現金化で利用停止を防ぐ4つのポイント | 安全に資金調達する対処法
  • 「クレジットカード現金化するとき利用停止にならないかな・・・」
  • 「利用停止にならないポイントが知りたい」

クレジットカード現金化って利用停止になりそうで不安な気持ちになっている人は多いでしょう。

利用停止になると未払いの残高を一括請求されることがあったり、クレジットカードの資格が剥奪される可能性があります。

じゃあどうしたらいいのかといいますと、実は利用停止になってしまう理由は4つのポイントを抑えていないからです。

ポイントを抑えていれば利用停止にならずに済みますし、この記事を読めば絶対に利用停止を防げます!

では、クレジットカード現金化で利用停止になった時のリスクと利用停止を防ぐ4つのポイントについて紹介します。

最後までゆっくりご覧ください。

クレジットカードが利用停止した時のリスク

STOPとかかれている図

クレジットカードが利用停止した時のリスクは以下の通りです。

  • 未払いの残高を一括請求されることがある
  • クレジットカードの資格を剥奪

もし、利用停止になってしまうとこんなにも怖いリスクが付きまといます。

ぜひ利用停止になりたくないのであれば、このリスクを知っておいて損はしないのでぜひご確認ください!

未払いの残高を一括請求されることがある

パソコンの前で驚いている女性

未払いの残高、つまり今月払う分と来月払う分、再来月払う分の積み重なった金額が一括請求されます。

たとえば今月は4万円払う予定で来月の分は現金化を行ったので20万円払う予定だった場合、24万円を一括で払わなければいけません。

ようは借金となって自分の元に一括で返ってくるわけです。

一括請求を無視し続けるとどうなるのか

クレジットカード会社からの一括請求を無視し続けると・・・

  • 属している会社の給料が差し押さえられる
  • 銀行口座が差し押さえられる

ということがずしりと肩にのしかかります。

給料を差し押さえる場合は会社に連絡が入り、「あなたの会社にいる○○さんが借金を抱えていますよ」とクレジットカード会社の人が伝えます。

会社の人に情報が漏れあえなくクビ・・・なんてことが起こります。

足りない分は住宅や車などの財産を差し押さえられ、非常に厳しい現実が待ち構えることになるのです。

借金を返す意思をカード会社に伝える

こんな金額、払えそうにないな・・・」と思ったらカード会社に電話をして、少しでも支払う意思をみせましょう。

借金を返す意思があれば、猶予付きではありますが給料や口座が差し押さえられることを免れる可能性があります。

もし、現金化がばれてしまい一括請求までされたら、給料や口座が差し押さえられる前にカード会社に相談することが大切です。

クレジットカードの資格を剥奪される

借金が積み重なっている人形

利用停止になってしまうと、クレジットカードの資格が剥奪される可能性も高いです。

そうなってくると信用情報に「金融事故登録」いわゆるブラックリストに載るわけです。

ブラックリストに載ると5~10年間は消えません。

その間、クレジットカード通りにくいことやローンも組めない、携帯の契約なんてもちろん出来ません。


いかがだったでしょうか。

クレジットカードが利用停止になるとこのような弊害が訪れます。

では、これからはクレジットカード現金化で利用停止を防ぐ4つのポイントについて紹介します。

クレジットカード現金化で利用停止を防ぐにはこのようなポイントを抑えておくのです。

クレジットカード現金化で利用停止を防ぐ4つのポイント

南京錠とクレジットカード

クレジットカード現金化で利用停止を防ぐ4つのポイントは以下の通りになります。

  1. クレジットカードのショッピング枠の限度額を確認する
  2. 信頼できる現金化業者を利用する
  3. 換金率の高い商品を購入しない
  4. 1枚のクレジットカードで何回も現金化をしない

以上のポイントをなぜ確認しておかないといけないのかを説明します。

1.クレジットカードのショッピング枠の限度額を確認する

クレジットカードで決済する女性

クレジットカードのショッピング枠というのをご存知でしょうか?

クレジットカード現金化をするときには、必ずショッピング枠を使って現金化を行います。

ショッピング枠を確認しないとこんなことが起きます。

カード会社から電話がくる

ショッピング枠の限度額を確認しておかないと利用停止になるリスクが大幅に上がります。

なぜなら、限度額を超えたりそれに近い金額になってしまうと「あなたのカードは不正利用されていませんか?」と催促がきます。

他には「ご自分で買われたのですか?」や「購入目的はなんですか?」など細かい質問を聞いてきます。

カード会社の質問をしどろもどろに答えてしまうと、カードが利用停止になってしまうケースや強制的に解約されクレジットカードが使用できなくなります。

クレジットカードのショッピング枠を確認する方法

ショッピング枠の確認方法は以下の2つです。

  • カード会社のコールセンターなどで問い合わせをする
  • 会員ページや請求書などで自分の限度額を知る

できれば会員ページや請求書などで確認する手段が手っ取り早いです。

なぜならコールセンターだと自分が聞きたい事柄を番号で選択し、コールセンターの人に話さなければならない手間暇かける時間があるからです。

しかし、なくしてしまったりそもそも会員ページがあるのかも分からない人は問い合わせをしましょう。

2.信頼できる現金化業者を利用する

握手をする男性

信頼できる現金化業者を利用しましょう。

理由は信頼できない現金化業者だとお金を抜き取られ詐欺られたり、利用停止になるリスクが非常に高くなります。

最悪、それだけではなく闇金業者まがいのような脅迫もしてくるケースも出てきます。

信頼できるプロの現金化業者を利用しておけば、利用停止もせず安心して現金化できるでしょう。

3.換金率の高い商品を購入しない

大量の札束を背負っている男性

換金率の高い商品とは利用停止のリスクが高く、商品としても高額な金額となっているものです。

その分、口座に入ってくる金額も大きいためハイリターン&ハイリスクなやり方となっています。

たとえば新幹線の回数券やブランド品の商品、家電用品などが対象ですね。

何度も購入すると利用停止のリスクが高まる

何度も高額な商品を買うとカード会社から「これは現金化をしているのでは?」と疑われ、電話がきてしまうリスクがあります。

電話で話した内容によっては利用停止になってしまいますし、電話がこなくても利用停止になってしまうケースもあります。

しかも、新幹線の回数券なんてそう何度も買うものではありません。
そんな商品を買って現金化を疑われてもおかしくありません。

だからこそ、換金率の高い商品は購入するのはやめましょう。

4.1枚のクレジットカードで何回も現金化をしない

電卓とクレジットカード

1枚のクレジットカードで何回も現金化を行っていませんか?

1・2回程度の現金化ならばれません。

ですが、1枚のクレジットカードで何回も同じ商品や使用用途が分からない商品を買っていくと、カード会社から目をつけられるケースがあります。

たとえば、ブレスレットを1ヶ月の間に何十回も購入して現金化を行うと「この人なんか怪しいな」と思われてしまうのです。

そうならないためにもクレジットカード現金化をするときは、2枚以上のクレジットカードで現金化をやりましょう。


以上がクレジットカード現金化で利用停止を防ぐ4つのポイントとなります。

このポイントを抑えておかないと利用停止した時のリスクが自分に降りかかってきます。

とてつもなく恐ろしいですよね・・・。

未払いの残高を一括請求されたり、クレジットカードの資格を剥奪されることを避けるためにも信頼できる現金化業者を選ぶべきなのです!

信頼できる現金化業者は「新生堂」

新生堂の公式サイト

新生堂」はクレジットカード現金化で利用停止を防ぐ4つのポイントを解消してくれるからです。

たとえば、ショッピング枠の限度額を超えないようにしたり、換金率の高い商品は扱っておりません。

圧倒的な信頼性があり「3年連続で現金化優良店ランキング第1位」に輝いた実績もあります。

カードトラブル0件の実績もありながら、様々なプランを提供して頂いている現金化業者です。

プランについて深く知りたい方は下記のリンクにて詳しく説明しておりますのでぜひご確認ください。

▼詳しくはコチラ

新生堂の換金プランってどんなものがあるの?

クレジットカード現金化で利用停止になりたくないなら「新生堂」をおすすめします!

新生堂

新生堂を口コミ評判から完全検証 | クレジットカード現金化トップページへ